オーディオクラフト工房(149)

更新日:2014年2月23日


ラトックシステム製ハイレゾ対応USB-DACを購入した
一部のオーディオファンを中心に、最近「ハイレゾ」ブームになってきています。私もそのブームに乗っかろうと思い、ハイレゾ音源が再生可能なUSB-DACを購入しました。個人的な感想としては、mp3の圧縮音源に慣らされた生活から、まずはCD音源をそのまま再生して聴く生活にシフトしていく必要があります。でもCDをそのまま再生するだけでは工夫がありませんので、PCにFLACデータにコンバートしてから、USB-DAC経由のデジタルアンプで再生する方法を取ります。これだけで、PCからそのまま再生するより、はるかな良い音で聴くことが出来ます。このあたりのことは次のページを参照下さい。
http://nonchansoft.my.coocan.jp/audio/d2ampnew1.htm
つまりは、それを踏まえての「ハイレゾ」なのです。ハイレゾ音源とは、CDを超える音質の音源を指します。通常ネット経由のデータで提供されます。自分の音楽の興味の範囲において、まだハイレゾ音源は少ないですが、今から準備しておくことは必要です。
正直、ハイレゾ音源が再生出来るUSB-DACはそこそこのコストが掛かります。昨年の秋、ラトックシステムさんより、ハイレゾのUSB-DACのキットが発売されました。一時期は売れすぎて(?)で品薄になっていた商品です。24bit/96kHzまでのハイレゾ音源再生が可能です。商品形態は完成基板状態で提供されますので、価格的に購入しやすくなっています。早速購入してみました。メーカーのサイトはこちらです。
http://www.ratocaudiolab.com/product/kit/rex_k2496u/
(極めてシンプルな箱に入ってきました)
(前面からの眺め)
(背面からの眺め)
基本的な使い方としては、PCとUSBで接続して、ヘッドフォンで音楽を聴きます。その音が背面のRCAジャックから出力される、ということです。前面のボリュームに応じたレベルで出力されます。最初はそのことを知らずにボリュームを絞っていたので、アンプから音が鳴らず、正直、「なぜ?」と戸惑いました。
(丁寧な説明書)
丁寧な取り扱い説明書が同封されています。ネットに行けば同じものをダウンロードすることが出来ますが、さすがにこのクラスになると、印刷物がきちんと入ってます。このあたり、メーカーのきめ細やかさが伝わってきます。中身を読むと、指定のケースに入れることが可能と判りました。完成基板のままでは、危険なので、早速ケースを購入しました。
(タカチのアルミケース)
かなりの高級感のあるケースが指定されています。ほぼピッタリと組み込めるように基板が設計されています。このあたりも、あっぱれですね。
(パネル加工図で穴あけ)
前面と背面パネルの加工図が説明書にあります。コピーで実寸にしてパネルに貼り付けて加工します。
(パネル加工済み)
丸穴と角穴なので、それほど難しくはありません。見栄えよく加工しましょう。
(前面からはこのように)
(背面からはこのように)
この通り、ピッタリと入ります。基板剥き出しではないので、メーカーの完成品相当の見栄えになりました。
(とても高級感のある仕上がりですね)
ボリュームつまみもアルミ製でまとめておきましょう。
このUSB-DACは基本バスパワーで動作します。オーディオマニアからすると、PCからの電源ラインはかなりのノイズが乗っていて、USB-DACに影響を与えると、考えらられています。そこでUSBの電源ラインにノイズフィルタを入れることにします。USB-DAC側のケースに入れられると簡単なのですが、このスペースでは全く入るスペースがありませんので、ケーブルの途中に差し込むことにします。回路図は従来の製作で作ったものと、同じです。
(電源ラインフィルタ)
(USBラインの電源フィルタ)
USBケーブルの途中に仕込むため、相応のコネクタを購入して製作します。もう少し大きいケースに入れるべきでした。これでひとまず安心して音楽を楽しめます。気分的に良い音に聴こえています。
で、ハイレゾ音源はどうなのか、どのように聴こえるのか、と皆さんは聞かれるかもしれません。一言でいうと「より繊細に聴こえる」と、言っておきます。正直、劇的には変化しません。それほど多くのハイレゾ音源を聴いてはいませんので、まだこれから、徐々に判ってくる、と考えています。但し、PCからmp3音源を直接聴くことと比較すると、CD音源であっても、PC+USB・DAC+デジタルアンプ+自作スピーカーで聴くことで、その違いに驚きます。そのレベルからの「ハイレゾ」ですから、劇的には変化しないわけです。PCから直接聴くことと比較すると、その違いは衝撃的です。
今後もUSB-DAC、スピーカー製作などオーディオに関連する記事を準備中です。ご期待下さい。

オーディオクラフト工房へ戻る