ハーバリウム始めました(01)

更新日:2018年12月18日


ハーバリウム始めました・作品No.01を作る
突然ですが、ハーバリウム始めました。意外と簡単に出来たので、これからも少しずつですが、増やしていきたいと思います。どんな花を楽しむかということについては、何でも良いということではなく、例えば記念日に頂いた花とか、どこかに行った時の思い出の花などを使うと良いと私は思います。
(ハーバリウム・作品No.01)
この作品No.01はある記念日に頂いた花を使いました。結して多くの花が必要ではなく、花束の中から少しだけ取り出して使います。
(ピンクのバラ)
小ぶりのピンクのバラ(と私は思います)を使用します。一枝取り出せば上の写真のように5個の花が取り出せます。
(白いかすみ草)
かすみ草は小さいので複数本から取り出します。今回は上の写真くらいの本数を取り出しました。
(100均で購入したタッパ容器)
ハーバリウムに使う花は生花ではありません。乾燥した花です。自然乾燥した花も良いですが、色が変わる可能性があるので、そのままの色を生かすために強制的に乾燥させることにします。そのためのタッパです。食品を入れて密封出来るものが良いと思います。大きさは各自の花にあわせて準備下さい。
(乾燥用のシリカゲル)
ドライフラワー用のシリカゲルを準備します。私の住んでいるところは都会ではないので、購入するのにかなり苦労しました。ネットで買うほうが簡単と思います。
(シリカゲルを敷きます)
タッパにシリカゲルを敷きます。全面に敷き詰めましょう。
(ピンクのバラを入れます)
花を敷き詰めます。花びら同士が当たらないように敷きましょう。こうして見てみるとどの程度のタッパが必要かよく判ると思います。花によっては深いタッパも必要になります。
(かすみ草も入れます)
今回私の場合、かすみ草は結構細かく切って敷き詰めました。ハーバリウムにする時にどんななビンに入れるかで細かくするか、長いままにするか、などを考えて敷きましょう。
(シリカゲルで埋めます)
花が全て隠れるまでシリカゲルを敷き詰めます。大きなタッパにするとシリカゲルの量が半端ないので、花の大きさに合ったタッパが必要だということです。
(しっかりと密封します)
空気が入って湿らないようにしっかりと蓋をして1週間程度放置します。何月何日に仕込んだかをタッパに貼っておくと良いと思います。
(試験管のようなガラス容器)
今回は初めてのトライですので、細めのガラス容器を準備しました。これも100均で購入しました。今回の作品にはピッタリの大きさでした。まずはこれくらいの大きさから始めるのが良いと思います。
(ハーバリウム専用オイル)
ハーバリウム用オイルはさすがに私の地方では売っていないので、ネットで購入しました。まずは1リットルあれば充分かと思います。
(ハーバリウム用ピンセット)
今後のことも考えて専用のピンセットをネットで購入しました。ビンの大きさが大きくて深くなった時でも使えるようにしておきましょう。
(1本目はこんな感じに)
タッパから乾燥した花を取り出します。乾燥しているので簡単に折れますので、注意して取り扱いましょう。今回はかすみ草とピンクのバラ(花びらをばらして使用)を交互に入れていきました。かすみ草がストッパーの役目も果しますので花びらが下のほうに落ちていくことはありません。
(2本目はこんな感じで)
1本目とは少し違った感じで花を入れていきましょう。最初の作品としてこの2本を準備しました。そこにオイルを少しずつ入れていきます。ガラス容器を少し斜めにしながら少しずつです。あまり上まで入れると栓が出来ませんので程々にして下さい。オイルを入れた後は、2時間ほど放置してオイルを入れた時の気泡を全て抜きます。それから栓をして下さい。私の場合は栓をしたらオイルが溢れて大変でした。その経験から花はその栓のことも考えてガラス容器の上の方まで入れてはいけないことを学びました。
(完成の姿・その1)
丸いガラス容器を使用したので、中の花がレンズ効果でかなり大きく見えます。見栄えもいいので最初の作品としては上出来と思います。
(完成の姿・その2)
こちらもなかなか良い仕上がりです。写真には間に合いませんでしたが栓の部分には記念日を記したラベルを貼り付けておくと、いつでも鑑賞するたびにその時の思い出が蘇ってくるので良いと思います。
今回は白系とピンク系の花のみでしたが、今後はもっと違った色使いや、少し違うことにもトライ出来たらと思います。
突然始めたハーバリウムですが、家族にも好評で作り甲斐がありました。生花の乾燥に1週間は掛かりますので連続して作ることができませんが、これから少しずつ増やしていければよいと思っています。まだまだ「ハーバリウム始めました」は続きます。解説本もいろいろ出ていますのでまずはそれを見て感動してから始めましょう。私もそれが始めるきっかけになりました。鑑賞用はもちろんですが、手作りのプレゼントにもなると思います。
(追記)
このガラス容器のままでは鑑賞用に展示しておくには不安定ですので、安定が良くなるように考えました。
(100均で買ったガラスブロックオブジェ)
錘になるようなガラスブロックオブジェを準備します。将来、ハーバリウムの下からLEDのライトを照らすようにも考えていますので、透明で重たいものが良いと思います。
(ガラスもくっつく万能ボンド)
合わせて100均で万能ボンドを準備します。ガラスにも対応した透明の接着剤です。これでガラス容器とガラスブロックをくっつけます。そうすると展示にも安定すると思います。
(ブロックオブジェを接着したハーバリウム・作品No.01)
素晴らしい安定性です。これで玄関とかに飾っていても安心です。皆さんも楽しくて綺麗なハーバリウムを楽しみましょう。まだまだ続きますよね。

ハーバリウム始めましたへ戻る