オーディオクラフト工房(142)

更新日:2013年10月22日


DSP短波ラジオとΔLOOP7で短波放送を楽しむ
随分前にSi4734(Silicon Labo製)のICで短波ラジオを作製しました。その前後にも短波ラジオを作製していますが、今のところこのラジオが私の製作の中では最強の短波ラジオとなっています。その時の製作記事はこちらhttp://nonchansoft.my.coocan.jp/audio/newdspsw1.htm
(現在のところ最強の短波ラジオ)
上の写真を見ていただくと判ると思いますが、この時はDSP短波ラジオ+アンテナチューナー+ΔLOPP7アンテナを組み合わせていました。しかしながら最近このアンテナチューナーが周波数に応じた正しい制御をしてしていないことに気が付きました。最近はΔLOOP7アンテナをSDRドングルに接続することも多くなり、ΔLOOP7の制御を完全自動化から手動制御にするほうが色々と都合が良いことも判りました。そこで今回はこれらのシステムの見直しを行い、秋の夜長に短波受信を楽しむことにします。
まずはΔLOOP7の見直しを行います。私の場合、製作上の怠慢から、高い周波数への切換えは行っておりませんでした。しかし今年の4月から自宅通勤になったことをきっかけに受信環境を少しずつバージョンアップしてきました。今回ようやく、ΔLOPP7にもメスを入れることにしました。簡単ことで高い周波数への切換えのリレーとバリキャップを追加しました。製作本の基板を使って製作していますので、その辺りの回路図は載せられないことをご理解下さい。
(ΔLOOP7アンテナ制御基板への部品追加)
続いて、アンテナチューナーを全自動から手動方式に変更します。折角作った全自動アンテナチューナーですが、分解して、内蔵基板を取り出して再利用します。
(ボリューム操作で周波数を制御します)
(こんな感じでコンパクトに仕上げました)
ΔLOOP7のアンテナはそのままではひとつの受信機にしかつなげないので、アンテナセレクターを製作します。非常に簡単に作りましたので、専門家から見れば充分ではないかもしれませんが、実使用においては全く問題ありません。
(ただスイッチをつないだだけです)
(3系統の受信機につなげるようにしました)
折角ΔLOOP7で高い周波数も受信出来るようになったので、短波ラジオの受信周波数も高いところまで対応出来るように改造します。
(今回の改造で青い部分を受信出来るようにしました)
そもそもSi4734は短波帯全域を受信出来るようになっているので、ソフトを改造するのみで対応が可能です。今回はあえてソフトは掲載しませんので、トライしたい方は各自で行って下さい。13500kHzから21900kHzも受信可能なようにしました。
このDSP短波ラジオの前回の製作記事を見て頂くとわかりますが、このラジオはリモコンでも操作可能なようにしています。今回秋の夜長に短波帯域全周波数受信を試みましたが、このリモコン操作のお陰で随分楽に受信が出来ました。上記表の青い部分は本体でのマニュアル選局操作が可能ですが、リモコン操作ではこれら以外の部分についても受信は可能です。といってもその辺りに短波の局はありませんが・・・
(こんな感じで短波受信しています)
ΔLOOP7をマニュアルで操作しますので、より高感度にアンテナチューナー調整が出来るようになりました。
これらのシステムで3日間短波受信を行いました。相当数の局が受信出来ましたので、下記に掲載いたします。短波受信については便利なホームページがあります。
http://www.short-wave.info/index.php SHORT-WAVE.COM
現在どこの局が、どの周波数で、どの言語で、どこから放送しているかがひと目で調べることが出来ます。今回私もこのWEBでどこの局を受信しているかを知りました。データベースも結構新しいと思いますのでまず間違いはないと思います。
それでは3日間で受信出来た周波数と放送局を記します。短波放送は時間によってどんどん変わりますのでいつも必ず受信出来るとは限りません。各自で充分確認下さい。SIGNALの欄に記載してある数値はDSP短波ラジオが表示したものです。短波はご存知のように「フェージング現象」を伴いますので、実際の数値はこれよりかなりの範囲で変化していることをご理解下さい。まあ他の局との信号の強さを比較するために使って下さい。言語のニュアンスでその局を聞いていると、私自信は思っていますが、間違っている部分もあるかもしれませんので、そのへんはご愛嬌ということで・・・
(75MB/60MB/49MBの受信成果)
(41MBの受信成果)
(31MBの受信成果)
(25MBの受信成果)
(22MB/19MB/16MBの受信成果)
さすがに31MBはまだまだ華やかですね。最近短波放送をする局が減っているという情報を聞きますが、これからも放送を続けて頂きたいですね。今回の受信で改めて思ったのですが、ラジオ専用ICで受信するほうがBCLしているっていう感覚があって良いと思いました。DSPラジオ用ICも最近多くなってきましたので、他のICにもトライしていきたいと思います。さて次回は何をしようかな。
これからもオーディオクラフト工房はどんどん楽しくなっていきます。

オーディオクラフト工房へ戻る