オーディオクラフト工房(187)

更新日:2015年6月17日


デジタルステレオアンプのボリュームを交換する
我が家のオーディオシステムも自己満足ながら段々と高音質化してきました。しかしながら細かいところに目を向けると、まだまだ改善の余地があります。今回はデジタルステレオアンプの入力ボリュームをオーディオ用高級ボリュームに交換します。
以前、ヘッドフォンアンプを製作しましたが、その時も今回と同じ高級ボリュームを使用しました。正直なところ気分的なところかもしれませんが、音質がとても良かったので、今回デジタルアンプにも使用します。高級といってもそこそこ高級な程度ですので、ご安心下さい。共立エレショップなので購入することが出来ます。デジットのブログにも記事があります。
http://blog.digit-parts.com/archives/51814215.html
製作したアンプに合う、2連A型10kΩを使用します。
(オーディオ用高級ボリュームに交換)
(高級ボリュームに交換したデジタルステレオアンプ)
このボリュームはそのまま取り付けると軸が少し長く飛び出るので、内部にスペーサーを噛まして軸の飛び出しを少なくします。そうするとボリュームのツマミがケース端面に近づくのでより高級感が出ます。
さて、肝心の音質ですが、ボリュームを回転させても左右のバランスが不安定になることが全く無く大変安定しています。特に小音時のばたつきも全くありません。ボリューム交換によって、より安心して聴けるデジタルステレオアンプになりました。皆さんも騙されたと思ってアンプの入力ボリュームを高級タイプに交換することをお勧めします。
今後も細かいところにも目を配りながらオーディオシステムをより良いものにして行きたいと考えています。そう考えるとネタは尽きません。どんどん広がっていきます。今後もご期待下さい。

オーディオクラフト工房へ戻る